• ホーム
  • 成人病を防ぐ運動法と食事法

成人病を防ぐ運動法と食事法

2019年06月26日
お腹の脂肪を計る男性

成人病にならないためには、食事と運動、それにストレス発散は必要です。
ストレスの発散には、温泉を利用するのもいいでしょう。
自宅のバスタブに浸かるのも良いですが、温泉へ出かけると、気分までリフレッシュします。
それに、温泉のお湯には、さまざまな効能もありますし、広いお風呂で心ゆくまで温まることができて、爽快な気分になります。
成人病予防には、食事という栄養に観点を当てる必要があります。
とかく現代の日本人は、カロリーばかりを多く摂取しすぎていて、食べることは簡単ですが、体重ばかりが増えてしまいます。
人間の体というのは大したもので、カロリーをいくら取り入れたとしても、健康に生命維持できる必要な栄養素が入ってこないと、それが入ってくるまで食べ続けます。
でも今の世の中には、便利という言葉が先走りしすぎてしまい、健康的とは言えない食品が溢れています。
インスタント食品に添加物の多い加工食品、レトルト食品にファストフード、塩分と糖分過剰なお惣菜に、精製した組み換えでできた小麦粉食品に砂糖菓子など、とにかく健康を害する食品で満ち溢れているのです。
本来人間が口にするのは、その時期に旬を迎える食材であり、安心して食べられるものです。
人間は極端な話、食べなければ病気にはなりません。
そもそもいまの人は食べ過ぎであり、1日3食を守ることは本来はありません。
お腹がすいていないのに、時間が来たら食べていては、太って当然なのです。
しかも日本人の食事には、炭水化物と糖質が過剰ですので、肥満になる食生活を自ら実践しています。
忘れてはいけないのは、口にするのは過剰なカロリーではなく、必要な栄養素ということです。
そのうえで、食べ過ぎてはいけないのです。